医療でも注目されているフコイダン

フコイダンを使ってみたという人の中には、がん対策のために使っているという声があります。すでにがんに罹ってしまった人が、代替療法として使っているケースが多いです。
フコイダンが対策として注目されている理由は、がん細胞のアポトーシス誘導作用が期待されているからです。普通の細胞は役目を終えると自ら死んで壊れてしまいますが、がん細胞はそうならずにいつまでも生き残ります。そして悪性のものだとリンパにのって体じゅうに転移する危険性を孕んでいます。
フコイダンのアポトーシス誘導作用は、そのがん細胞の死なない性質をなくすのに有効だと考えられています。
そのほか、がん細胞が生きるために作り出す新生血管を作ることができないようにして、兵糧攻めにするという効果も期待されています。
また、免疫細胞を活性化させて病気への抵抗力を高めることで、がんに打ち勝つようにサポートしてくれます。
フコイダンだけでがんを治療できるというわけではありませんが、フコイダンを使うことで精神的に安定したり、放射線治療や抗がん剤治療と組みあわせることで効力を発揮したというケースもあるようです。
使ってみるメリットがあると感じている人が多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です